読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計画的なもったいない注文

お金を出して時間を節約したい。

下の2つのパターンのような感じで、一度やったことはお金を出してでも回避していくように進めていこうと思う。

パターン①

ガラクタ箱を掃除していたら16x2のキャラクタLCDが二枚出てきた。

そういえば汎用ロジックICの595があったから3線制御でLCD制御ができそうだ。

●でもそれやったことあるしI2Cの方が手っ取り早そうだし今後の為にもなりそう。

●時間はないけどお金はある。

 ⇒出てきたLCDを捨ててI2C対応のLCDをポチった。

 

パターン②

ソリッドステートリレーキット作った

●ヒューズついてなくてなんか怖いし基盤が小さくて筐体への固定が面倒くさそう

●時間はないけどお金はある

 ⇒実装しやすそうなパッケージ化されてるSSR

  実装しやすそうなヒューズをぽちった

  ※あ、バリスタを発注し忘れてた。パッケージに入ってるかな。

 

雑記

作りたいものをざっくり決定したのでいろいろ探してたところスーパー三端子レギュレータなるものを見つけた。三端子レギュレータにもリニアレギュレータとスイッチングレギュレータがあるんだね。

そのうち二つのデータシートを眺めて記事を書こうかなと思う。

背景として、12Vを電源として使いたかったんだけど、リニアレギュレータで12Vから3.3Vを作るのはターゲットよりもレギュレータの方が消費電力が高いとかいう状態になってしまうので少し抵抗があって探してた。

検討はデータシートをちゃんと読んでからだけど、以下4点から多分リニアレギュレータを使うことになる。

 ・スーパー何とかを使うことに特に勉強成分がない(データシートを読めば十分)

 ・0.1A程度なら多分リニアレギュレータで行ける

 ・価格が高いし実装面積もリニアレギュレータより大きいかどっこいどっこい

 ・時間短縮にはならない。

以上。